3段構成 6BM8 全段差動プッシュプルアンプ【真空管アンプ】 (2020/6 製作)
| 製作記事 | 回路図 | 特性 | 真空管未挿入時の電圧検証 | 出力段DCバランス検証 | ドライバ段12AU7変更 | 初段DCバランス検証 |

 特性
L-ch R-ch
裸利得 (Raw Gain) 42.37 46.73 @ 1KHz, 1V, 8Ω
最終利得 (Gain) 15.87 16.13 @ 1KHz, 1V, 8Ω
NFB 8.53 db 9.24 dB @ 1KHz, 1V, 8Ω
周波数特性 (Frequency Response) 10Hz ~ 89KHz 10Hz ~ 87KHz +0dB ~ -1dB (0dB = 1V, 8Ω)
10Hz ~ 146KHz 10Hz ~ 160KHz +0dB ~ -3dB (0dB = 1V, 8Ω)
クロストーク (Closs Talk) -67 db -72 db 10Hz ~ 22KHz (0dB = 2V, 8Ω)
ダンピング・ファクター (Damping Factor) 6.7 6.7 @ 1kHz, 1V, 8Ω
歪み率 (THD+N) 0.07 --- @ 1KHz, 0.1W
0.36 --- @ 1KHz, 1.0W
1.32 --- @ 1KHz, 2.0W
最大出力 2.6 W --- @ 1KHz, 8Ω, 5% 歪み
残留雑音 (Noise) 0.18mV 0.08mV
全消費電力 62W (67VA)
筐体内温度 52℃ @ 室温 33℃

(周波数特性)

 本機の周波数特性は無帰還で 10 Hz ~ 73 kHz (-3dB)、負帰還 8.5dB で 10 Hz ~ 146 kHz (-3dB) でした。初段・ドライバ段の組み合わせが近い3段構成ベーシックアンプと似たような傾向が出ています。FE-25-8 の高域特性は流石というべきで、100kHz 以上の帯域は素直な減衰特性となっておりピークらしいピークはありません。

Frequency ( 0dB ~ -15dB )

Frequency ( 0dB ~ -60dB )

(クロストーク)

 本機の可聴帯域 (20Hz ~ 20kHz) におけるクロストーク特性は 67dB で、ベーシックアンプの目標値である 70dB には届きませんでした。第一に原因として考えられそうなのは真空管のレイアウトで、初段 ~ ドライバ段 の配線が長いこと、ドライバ段 ~ 出力段にかけて左右チャネルの配線が接近していることが影響しているようです。

 これまでに全段差動アンプは3台ほど製作した経験がありますが、初段 ~ ドライバ段 ~ 出力段をシャーシの左右に分けて配置し、各段を結ぶ配線もコンパクトに実装されたアンプでは 10kHz ~ 100kHz の帯域でもクロストークが悪化しない傾向があり、ベーシックアンプのクロストークが非常に良好なのもその要因によるところが大きいのではないかと思います。

Closs Talk

(歪み率)

 全段差動プッシュプルの特徴である弓なりに近い特性となっています。各周波数のグラフも比較的揃っています。

THD+N

 (測定環境)Windows 10 Pro, WaveSpectra 1.51, USB Audio Device 96kHz 24bit, WASAPI Driver



| Slemanique | Audio | 3段構成 6BM8 全段差動プッシュプルアンプ |