有事の NHK


 メディアの危機管理体制の差というものを、これほど浮き彫りにした動画はない


 3.11 から数日後、ツィッターをつらつらと眺めていたら、この動画へのリンクを発見しました。
その後この動画は非常に有名になりましたので、見たことのある方も多かろうと思います。

各局の地震速報時刻を書いておくと (民放は東京キー局)、

   NHK 総合   14時46分54秒 ※ 緊急地震速報
   日本テレビ  14時48分30秒
   TBS テレビ  14時48分30秒
   テレビ朝日  14時49分01秒
   テレビ東京  14時49分17秒
   フジテレビ  14時50分58秒

 各局の危機管理体制をこれほど浮き彫りにした動画はないでしょう。うp主には「大あっぱれ」ですね。
著作権云々の関係で早晩抹消されることを危惧しておりましたが、この動画がメディアの有り様を世に問いかけた影響は非常に大きかったのでしょう、
そのまま残されております。

 特筆すべきは、NHK が緊急地震速報(本震が来る前の地震速報)を出していること。それから4分も経たないうちに大津波警報を出して、
岩手・宮城・福島の3県に津波到達時刻と高さの予測情報を出していること。
その頃、フジテレビは何事もなかったかのようにCMを流し続けています orz

 地震発生から三陸海岸までの津波到達時間が約 25 分程度であったことを考えると、この時間差は致命的といっても過言ではありません。
地震発生当時どの TV 局を見ていたかで生死を分けかねない、というのが当時ツィッター上で飛び交った声でした。
 フジテレビの画面が報道スタジオに切り替わった後に写った、ヘルメットを被ったアナウンサーの姿も、冷静になって見れば滑稽ですらあります。
フジテレビはバラエティ専門チャンネルですね。報道番組も、報道バラエティだと割り切って見た方がよさそう。

 「有事の NHK」
3.11 を通じて、このことを頭の中に刻み込んだ方は少なくないと思います。

 地震の揺れを感じたら、NHK にチャンネルを変えましょう。
ただし、南紀方面にお住まいの方は例外です。南海地震発生時、和歌山県南部・三重県南部には10分以内に津波が到達することが予想されますので、
一刻も早く高所へ避難することが必要です。この辺りには展望台のような津波避難所がありますので、普段からその場所を把握することが必要でしょう。

 これは私感ですが、3.11 において必要な情報を報道しているという点では NHK が一番まともであるように感じました。
公共放送という立場もありますが、有事の際に当たり前のことを当たり前にこなしていることには頭が下がります。
その一方で、民放各局は震災ワイドショー一色。阪神大震災の教訓が生かされているとは思えないというのが実感でした。



 おまけ。
これも有名な動画。
3.11 当時、震災と原発事故に遭って落ち込んだ人たち、子供たちに笑顔を与えたという点で、この動画も殿堂入りですね。
今見ても、ほんと なつかしい(笑)





| Slemanique | Notes | 有事の NHK |